夏休みを利用した短期留学で海外体験!

留学をしてみたいけれど、いきなり外国に何年も行く勇気はないと感じる人もいるかもしれません。


ましてや、一度も訪問したことのない国に行くのは不安を感じるものです。


また、留学するには学生ビザが必要になりますが、ビザ発行には事前に授業料を支払う必要があります。

一度支払った授業料は、たとえ「学校が合わないから」とすぐに退学しても返金されないことがあります。


決して安くはない費用をみすみす無駄にしないためにも、まずは短期間の留学をしてみることがお勧めです。もし学生であるなら、長期休暇となる夏休みを利用するとよいでしょう。

約1か月間、現地の学校に体験入学をするという方法です。


語学学校はもちろん、公立や私立の小中高校が外国人の短期留学生を受け入れているケースがあります。

そこで、「やっていけそうだ」と感じたら、本格的に数年間滞在するということにすれば、失敗を防げることもあるでしょう。

livedoorニュースを調べるなら最新情報が集まるこちらのサイトがオススメです。

また、ワーキングホリデーなどでどこかの国に入国する前に、別の国で英語だけを学ぶという人が最近増えています。これは、フィリピンやマレーシアといったアジア圏の方が、英語学校の料金がはるかに低価格であるためです。



そこで短期留学という形で英語を集中して学び、その後、ワーキングホリデーの国に入国します。
そうすることで、お金の節約になるほか、すでにそれなりの英語力がついているので、新天地で自信を持って生活を始められるということになります。

留学の情報を提供しているサイトです。